2013年07月05日

調教

暑いけどクーラーをつけると翌日の体調最悪。
夏は苦手なはんだごてです。



前回のあらすじ。
繰り返しの日常に飽き飽きしたどこにでもいる少年はんだごては、
ある日訪れた離島で少女と出会う。

日本人とは到底思えない、綺麗な色をした髪をふたつに結び、
聞き慣れない歌を口ずさむ彼女に
少年が心を奪われる事はもはや必然であった。

この出会いが少年の運命を大きく変える出来事になるとは
今の少年は知る由もなかった。







そんな前回だったと思います。
違うかった気もします。
でも気のせいだと思います。


という訳で、
初音ミクさんに心奪われはしたものの、
実際に僕の曲を歌ってもらうとなかなかどうして
すぐには上手く歌ってもらえないみたいです。


その歌声を自分好みに調整していく事を
ちまたでは「調教」と呼ぶみたいですね。いやらしい。


でもなんかいろいろ調整出来るみたいで例えばー

・声の低い/高い
・喉の開き具合
・声量とブレス(息)の量の割合

などなど。


すごいぞ現代の科学。


特にブレスの量の調整とか、
息継ぎの「スゥー」っていう音とか、
「まじ人みてぇ!!」
と思いました。ブレスがエロくていいですね。


あとは僕が作る曲との相性もあるんでしょうが、
いろいろ試行錯誤する楽しさもあってとてもいいです。

とりあえず書き溜めた曲を歌ってもらい調教しつつ、
新しい曲を書きつつ、9月までにUP出来たらなんて目論んでいます。



…あ。



話は変わって、
なんか仲間うちで「何フェチ?」って話になった時に
迷わず「声フェチ!」と答えた僕。
でも理由がイマイチ自分でもわからなくて、
ウンウン考えてたのですが、話をしていた一人が、
「音楽好きってのと関係してるんかもなぁ。」と言われて
スッと腑に落ちた今日この頃。


漠然と音楽好きだったけど、
音楽だけじゃなくて「音」がそもそも好きなのかぁ。
と思わせてもらった。



新しい発見。



自分というこの体と、この記憶と付き合って長いけど、
まだまだ知らない事だらけでビックリ。



自分を深く知る事を単純に「嬉しい」と思える事を
ずっと大切にしていこうと思うはんだごてなのでした。



明日もワクワクしてますように。
posted by はんだごて at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。