2014年07月05日

カナリアイロ 歌詞

【カナリアイロ】

降り続く雨の声。

やけに騒がしい。

「あーだ。こーだ。」


木漏れ日を避け、影。

傘は忘れた。

「此処が居場所?」

あぁ。



耳元でささやく声。

「何かお探しで?」

右往左往。


振り向くと、佇む影。

彼女と合った目が。

白、クロ、しろ。



抜け出したい。

限られたコチラ側。

もう一人は嫌だって。

囀るばかりで。


「気付いて。偽物はムコウ側。」

そう引き止めた彼女も、

「ひとりぼっち。」



どれだけ笑って。ねぇ。

「ひとりで平気だ」って強がっていても。

『大丈夫だよ』って

『傍にいるよ』って

聞きたいの僕だって知ってるから。


たとえ嘘だって。ねぇ。

「もうどうでもいいんだ」って、俯いた君に。

「大丈夫だよ」って。

「傍にいるよ」って。

無理矢理に「僕」を刻み付けて、精一杯ただ笑った。




卑怯な僕の言葉。(君の心試す。)

輝いて見える君の目。(僕の心試す。)

白に置き去りにされた二人だけの世界が、

「カナリアイロ」に染まってく。


何を手にしたって。ねぇ。

大切なモノから、失ってくんでしょう?

薄れていく記憶の様に。

あの日の虹の様に。

どうせ君も消える。消える。


君はなぜ笑って。ねぇ。

「もう、一人がいいんだ」って泣きそうな僕に。

「大丈夫だよ」って。

「傍にいるよ」って。

ワガママな心、救い出すの?


たとえ夢だって。ねぇ。

「もう一人じゃないよ」って、微笑んだ君に。

「大丈夫だね」って。

「傍にいてよ」って。

祈る様に僕は囁いて君を抱き寄せるんだよ。




君の腕の中。

踊り続けるよ。

【関連する記事】
posted by はんだごて at 11:00| Comment(0) | 作詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。